アロマスクールでアロマテラピー効果を実感

アロマテラピーとは、植物から抽出される精油(アロマオイル)を使って、その香りからあらゆる身体の不調を改善する方法です。効果には、健康維持、疲労回復、病気になりにくい体を作るなどの効果があるといわれています。そんな効果を大きく2つに分けると、心身への作用、そして細菌やウィルス、虫に対しての作用です。心身への作用は、鎮痛、鎮静、消化や食欲増進、ホルモン調整などです。細菌、ウィルス作用は、殺菌、抗菌、殺虫、抗ウィルスなどがあります。また、使うアロマオイルによって効果も違ってきます。例えば、ハーブ系のアロマオイルはニキビの炎症、皮膚炎に効果があり、日焼けや虫刺されにも効果的です。このように、アロマスクールでは様々なアロマテラピー効果を学び、実感することができるのです。

セラピストになるためにアロマスクールで学ぶメリット

アロマスクールで学ぶメリットの1つ目は、自分自身でアロマテラピー効果を楽しむことができます。専門家からアロマについての知識を学べるので、正しい使い方を理解し、自分自身で活用して楽しめます。2つ目は、家族、友人、パートナーなどの周りの人に、アロマテラピーを施せることです。アロマスクールで学べば、正しい知識を身につけられるので、周囲に施せるのです。3つ目は、アロマに関する資格を、取得できることです。アロマスクールに通うことで、自分の仕事の枠が広がります。4つ目は、仲間との出会いがあることです。趣味の合う仲間と出会い、実践的な活力方法を、学びの中で生まれる可能性もあります。自分で学ぶこともできますが、1人ではわからないことが出てくる場合があります。また、独学では正確で実践的なことを学ぶのは難しい。そんな時、仲間や講師の人がいれば聞きあうことや、困難も乗り越えることができます。

アロマスクールで学ぶアロマの資格について

アロマスクールでは、アロマの資格を習得するために、必要な知識を学びます。アロマの検定・資格にはいくつかあります。アロマテラピー検定の1級と2級の他、アロマテラピーアドバイザー、アロマテラピーインストラクター、アロマセラピスト、アロマブレンドデザイナー、アロマハンドセラピストがあります。自分にあった検定や資格を選ぶことが大事です。例えばアロマテラピー検定は、アロマテラピーを自分や家族などの健康維持に活用したい人におすすめです。アドバイザーは、アロマショップで販売をしたい人。インストラクターは、スクールやカルチャ-教室で、講師活動したい人。セラピストは、セラピストとしてサロンの勤務や経営したい人。デザイナーは、教育の場やトリートメント時に、ブレンドの知識を生かしたい人におすすめです。ハンドセラピストは、ボランティアや地域活動などで、ハンドトリートメントをしたい人におすすめです。